クボタパイプテックのバルブメンテナンスは管路・施設に用いられている各種のバルブを点検して、可能な限り 既存設備を再利用しながら、迅速な修繕方法を提案します。バルブを作動可能な状態に保つことは、安定した水供給 を行う上で重要だけでなく、災害時対策や運用維持管理の効率化につながります。

下例の手順で、バルブ点検を実施します。
1日あたり5箇所が目安です(現場条件、点検項目、移動距離等により異なります)。

管路・施設 バルブ点検の実例

点検項目の、実例を紹介します。

点検で異常が確認された場合、修繕を行います。
クボタパイプテックには、様々なバルブを修繕してきた豊富な実績があります。

減速歯車部開放式仕切弁の動作不良修繕例

バタフライ弁のギアケース破損修繕例

バタフライ弁の軸封部漏水修繕例

ページの先頭へ